03-6909-1545

日曜日も診療しています

ブログ

妊娠中の歯科治療について

 

当院には妊婦さんの患者さんが多く来院されます。

妊娠初期1か月~4か月は器官形成期といい、赤ちゃんの体がつくられている時期です。

また切迫流産も起こりやすい時期ですので応急処置にとどめた方が安心です。

 

妊娠中期5か月~8か月 この時期ほとんどの歯科治療が可能になります。

 

妊娠後期 9か月から臨月 治療は応急処置のみとなります。

 

つまり妊娠中期の安定期のみ歯科治療が可能となります。

 

 

妊娠と歯科治療について書きたいと思います。

 

X線撮影、麻酔、薬は妊婦さんにとって特に気になるところだと思います。

 

X線撮影

X線については診断上必要でしたら撮影しても問題ありません。防護エプロンをしますし歯科のX線撮影は首から上の部分だけですので大丈夫です。

ただし本当に必要な時のみの使用になります。

当院ではX線を使用しないダイアグノカムを使用することがほとんどです。

 

麻酔

通常の使用量であれば赤ちゃんへの影響は少ないです。

痛みに耐えて血圧が上がったりする方が心配です。

 

投薬はできるだけ避けます。どうしても必要な場合比較的安全な薬を必要最小限処方します。

 

「妊娠中の歯科治療」の冊子も用意してありますので手に取ってみてください。

千歳烏山、北烏山、久我山の 歯科 スマイルデンタルクリニック世田谷