03-6909-1545

日曜日も診療しています

インプラント

インプラント治療の現状

インプラントの治療は危ないというイメージをお持ちではありませんか?
以前、一部メディアによる報道で、インプラント治療に対してネガティブなイメージが強くなっています。
しかし、メディアが取り上げている医療事故が発生している歯科医院は、CT撮影を行わず、正確な治療計画をたてていない、インプラントガイドを使用していないという医院がほとんどです。
CT撮影を行わないと、骨の状態や神経の位置などを正確に把握することはできません。その様な状態でインプラントを埋入してしまうと、神経を傷つけ医療事故に繋がってしまうのです。
CT撮影を行い、見えない骨の位置、量、骨質などを正確に把握し、安全と判断したうえでインプラントガイドを使用し、埋入すれば99.9%手術で失敗することはありません。

インプラントとは

これまでブリッジや入れ歯でしか対応できなかった歯のない部分に、歯の代わりに人工歯根(インプラント)を入れてかむ能力を回復させるものです。
入れ歯では噛むことが難しかったものがかめるようになり人前で取り外したりする必要もなく食事も楽しくできるようになります。

インプラント ブリッジ 義歯
隣の天然歯 削らない 大きく削る 少し削る
様式 固定式 固定式 食事が終わったら取り外す
隣の歯への負担 隣の歯を削らないためまったくない 隣の歯を土台としているため負担がかなり大きい 隣の歯にばねをかけているため、少し隣の歯が揺れてきやすい

インプラントの特長

  1. 隣の歯を削らなくて治療できます
  2. 自分の歯と同じように噛むことができるようになります
  3. 取り外しの必要はありません
  4. 見た目も天然歯と変わらないので人目を気にすることがありません
  5. 入れ歯のような気持ち悪さはありません

スマイルデンタルクリニック世田谷式
インプラント治療『3つの特長』

スマイルデンタルクリニック世田谷式インプラント治療では、安全にインプラント治療を行うため、下記の3つを行なっております。
この3つを行うことで、歯科医師の感覚に左右される事はなく、事前の診査、診断で決めた位置に正確にインプラントを埋入する事が可能です。

歯科用CTによる精密検査

歯科用CTは、これまでのレントゲンとは異なり骨の位置、厚み、量、神経の位置まで立体的にコンピューター上で確認する事が可能です。
インプラント治療は、骨にチタン製のインプラント体を埋め込んで、人工的に歯根(歯の根っこ)を作る治療になります。インプラント体の土台になる骨の密度が低かったり、骨の量が足りないとインプラント体は埋入したあとに、取れてしまう可能性が高くなってしまいます。そのような事態にならないように、事前の診察、診断はとても重要なのです。

確実な埋入を行えるインプラントガイド

当院で行うインプラント治療では、CT撮影のデータ元に、インプラントを埋入するベストな位置を事前に決めます。その位置にインプラントを正確に埋入する為にインプラントガイドを使用します。
CTデータと患者さまの口腔内模型を元に設計したインプラントガイドを使って、インプラントを埋入するシステムです。
インプラントガイドを使用する事で、これまでのフリーハンドのインプラント手術とは比べものにならないほど、安全性が高く、正確な埋入が行えます。

当院では、インプラント治療の権威、皆川仁先生監修のエールガイドを使用しています。エールガイドの特長は精度の高さです。インプラント埋入をする位置を決定するスリーブを誤差0.0002mm以内のレゴブロックを使用しています。

通常のガイドですとはじめの骨を掘る課程のみのガイドが多いのですがエールガイドは
インプラント体(ネジ本体)までガイドを使うことができるため、インプラントの深さまで正確に埋入することができます。

OPE手順

①ガイドを作成するための型取り

②インプラントガイドを装着してCT撮影

このままCTスキャンをします。当院はドイツ製シロナ社CTスキャンのため低被ばくでCT撮影が可能です。
このスキャンで正確に埋めるためのスリーブをシュミレーションソフトで設計します。
このシュミレーションでスリーブの位置を決めます。

④スリーブのついた状態でCT撮影

スリーブがついた状態でCT撮影を行い、シュミレーションがあっているか確認
スリーブの位置がしっかりと正確に位置していたらOPEを行います。

⑤ガイドを用いた手術

はじめのドリルから最後のインプラント体(フィクスチャー)埋入までガイドをしたまま行います。

⑥術後のCT撮影

正確にインプラントが埋入されているか確認し、OPEを終えます。
この後上顎で3か月後、下顎で2か月後クラウンが入ります。

CT撮影が最低3回必要ですがすべては安全のためです。

信頼性のおけるドイツ製カムログインプラント

当院では信頼性のおけるドイツ製カムログインプラントを採用しております。
様々なインプラントメーカーを検討しましたが、

  • 上部構造がきわめて緩みにくいため、長期にわたって安定している。
  • 徹底した品質管理
  • 外科埋入時の安全設計がしっかりしている
  • ブレの少ないドリル

などの理由からカムログインプラントを採用しました。

上部構造が緩みにくい

インプラント治療でねじの緩みや破折を克服すべくデザインされた独自の連結機構は、精密に適合する長いチューブによって高い物理的強度を可能にしました。
また3方向のカムによる回転防止機構を施したデザインは、精密で強固、且つストレスブレーカーにもなっております。

徹底した品質管理


カムログインプラントはドイツで作られています。
高度な技術で管理された製造工程と厳格な検査をおこない出荷されます。
この品質管理は国際医療工学の基準に適合しています。

外科埋入時の安全設計


カムログインプラントは使いやすさと安全性を追求しています。
オペ時から補綴まで使用されるパーツは一貫して、インプラントの直径に応じたカラーコード化されています。
またドリルにはデプスストップといわれる安全機構がついており、術前のCTでシュミレーションした深さまでしか削れないようになっております。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントは欠損した歯を補う治療方法の一つです。
欠損歯を補う治療は他にも義歯、ブリッジなどがあります。
各治療のメリットとデメリットをご紹介します。

義歯

長所:修理を行い、調整が可能
短所:噛む力が弱く(天然歯の約20%)、義歯がゆるみやすい、骨が吸収されやすい。

ブリッジ

長所:短期間での治療終了
短所:健康な周りの歯を削る必要があり、削る歯の神経を抜く事がある。歯の寿命が短くなる可能性がある。

インプラント

長所:噛む力が強く、歯を削る必要がない。周りの歯へ悪影響を与えにくい
短所:保険がきかず、手術が必要。高額な治療費が必要。

世田谷区でインプラント治療をお考えの方は
スマイルデンタルクリニック世田谷まで

世田谷区千歳烏山のスマイルデンタルクリニック世田谷では、インプラント治療に関する質問など、無料で行なっています。
インプラント治療は費用も高く手術が必要な治療です、しっかりとした歯科医院選びをおススメします。
CT、インプラントガイドを使用した安全なインプラント治療なら、当院へご相談下さい。