03-6909-1545

日曜日も診療しています

ブログ

親知らずの移植

虫歯が大きくどうしても抜歯しなければならない場合があります。

そんな時親知らずがあるとその親知らずを移植してはとして機能させる

ことができるかもしれません。

上の7番目の歯の神経の部屋にまで虫歯があり抜歯せざる得ない状態にあります。

下には親知らずがあるため親知らずを上に移植します。

移植して糸で固定します。1か月くらいで骨とくっつきます。

親知らずにはこのような使い方もあります。

もちろん横に生えていたり、虫歯になっている親知らずは抜いたほうが

いいのですが、いい状態の親知らずは残しておくとほかの歯がだめになったときに

使えます。